鳥の写真を見ることができるSNS

鳥の写真を見ることができるSNS

犬や猫の人気に隠れがちですが、鳥もまた愛されている動物です。最近では、フクロウや小鳥と触れ合える鳥カフェのお店を街で見かけることも多くなりました。このブログの読者の中にも鳥が好きな人がいるでしょう。今回は鳥の写真を見られるSNSを紹介します。今回紹介するのは「認定NPO法人TSUBASA」のTwitterです。インコを中心にさまざまな鳥の写真がアップされているため、鳥好きにはたまらないアカウントだと思います。

 

「認定NPO法人TSUBASA」とは?

 

認定NPO法人TSUBASAは、インコやオウムといった飼い鳥を保護している団体です。保護するだけではなく、鳥たちの里親探しや啓発活動も行っているようです。
犬や猫と比べると、鳥の里親はあんまり見聞きしないように思います。しかし、里親が必要な鳥もたくさんいるようですね。TSUBASAのホームページには、「里親さんを待っている鳥たち」というページに、名前と写真つきで鳥がまとめられています。写真をクリックすると、詳細なプロフィールがのっています。新しく鳥を飼いたいと考えている人は、参考にしてみるといいかもしれません。もちろん、里親になるというのは責務が生じるので、しっかりと考えてから決めましょう。また、里親会「MTB」の参加が必要のようです。
既にペットとして鳥を飼っているという方もTSUBASAのことを知っておいて損はないように思います。バードランが無料でできるスペースがあるため、自分の愛鳥と一緒に遊ぶことができます。さらに同鳥会という同じ種類の鳥たちだけが集まるイベントも開催されています。情報交換できる場所として重宝されているのではないでしょうか?

 

「認定NPO法人TSUBASA」のTwitter
TSUBASAのTwitterでは、鳥たちの日常をはじめ、迷子になった鳥の情報ものせています。自分のペットが迷子になってしまうことは、飼い主にとってとても心配なできことでしょう。鳥が好きであるのなら、普段から鳥を見たり接したりする機会が多いはずです。TSUBASAのTwitterをチェックすることで、迷子の鳥を見つける手助けもできるかもしれません。
他にも、鳥の写真だけでなく動画もアップされています。歌っている鳥の動画や、鳥同士で何やら話し合っている動画がありました。鳥好きだったら思わず頬が緩むような内容ではないでしょうか?

 

今回は認定NPO法人TSUBASAのTwitterを紹介しました。サイトもSNSも充実しているように思います。鳥たちの日常を楽しめる写真や動画は、思わず保存したくなってしまうほどのかわいらしさを持っています。興味のある方は、ぜひフォローしてみてください。